トランジショナルアタックとは

トランジショナルアタックは、消防士が火災の初期対応において用いる戦術の一つであり、主に火災の進行を抑制し、安全に屋内進入を行うための技術です。この戦術は、火災の外部からストレートノズルを用いて放水し、火炎や熱の勢いを弱めた後に屋内進入を行うという二段階のアプローチを取ります。以下に、トランジショナルアタックの具体的な手順やメリット、注意点について詳しく説明します。

1. トランジショナルアタックの基本概念

トランジショナルアタックは、「外部攻撃」から「内部攻撃」への移行をスムーズに行う戦術です。火災が発生した建物の外部から放水を行い、火炎や熱の勢いを抑えた後、消防士が安全に内部に進入し、残りの火災を鎮火することを目指します。

2. ストレートノズル放水の役割

ストレートノズルは、集中した水流を放出するために設計されたノズルです。このノズルを使用することで、遠距離からでも効果的に放水を行い、火炎や熱を抑制することができます。

具体例:建物の窓やドアを通じてストレートノズルを使用し、内部の火炎に直接放水します。この際、狙いを定めて一定時間放水することで、火炎の勢いを弱め、温度を低下させます。

3. トランジショナルアタックの手順

1. 初期評価と準備

火災現場に到着後、指揮官は迅速に状況を評価し、トランジショナルアタックが適切かどうかを判断します。以下の要素が考慮されます:

  • 火災の規模と進行状況
  • 建物の構造と配置
  • 被害者の有無と位置
  • 天候条件

2. 外部からの放水

ストレートノズルを使用して、火災が発生している部屋の窓やドアから外部放水を行います。この際のポイントは、以下の通りです:

  • 放水は短時間(通常15〜30秒程度)で行う
  • 放水の角度を調整し、火炎に直接当たるようにする
  • 放水によって内部の熱と煙が外部に排出される効果を期待する

具体例:住宅火災において、火炎が見える窓を狙ってストレートノズルを使用し、強力な水流で火炎の勢いを削ぐ。このとき、水が窓枠や壁に当たらないよう注意し、火炎に直接当たるように調整します。

3. 内部進入

外部からの放水で火炎が抑制された後、消防士は防護装備を着用し、呼吸装置を使用して内部に進入します。内部進入時のポイントは以下の通りです:

  • 進入前に扉や窓を慎重に開け、内部の状況を確認する
  • 内部に残る火炎や煙を注意深く監視する
  • チームで連携し、安全を確保しながら進入する

具体例:ストレートノズル放水後、火炎が減少したのを確認してから、消防士が建物の玄関から進入。進入後、各部屋を順次確認しながら、残りの火災を鎮火する。

4. トランジショナルアタックのメリット

  1. 安全性の向上:外部からの放水により火炎と熱の勢いが抑えられるため、消防士の内部進入時の危険が減少します。
  2. 迅速な火災制御:初期段階で火炎を抑えることで、火災の拡大を防ぎ、被害を最小限に抑えられます。
  3. 効率的なリソース使用:外部からの短時間の放水で効果を得られるため、消防隊のリソースを効率的に使用できます。

5. トランジショナルアタックの注意点

  1. 適切な状況評価:トランジショナルアタックが適切でない場合、逆効果となる可能性があります。火災の進行状況や建物の構造を正確に評価することが重要です。
  2. 放水の効果確認:外部からの放水後、必ず効果を確認し、内部進入のタイミングを慎重に判断します。放水だけで火炎が完全に抑えられない場合もあるため、適切な判断が求められます。
  3. チームの連携:進入時のチーム連携が重要です。進入前に各メンバーの役割を明確にし、緊密なコミュニケーションを保つことが必要です。

具体例:大規模な工場火災の場合、火災の進行が速く、トランジショナルアタックでは十分な効果が得られないことがあります。この場合、内部進入を慎重に行うか、他の戦術に切り替えることが求められます。

6. トランジショナルアタックの実践例

実践例1:住宅火災

夜間に発生した住宅火災で、家族が全員避難していることが確認されました。火炎が一部屋から激しく出ているため、外部からの放水を開始。ストレートノズルを使って窓から15秒間放水し、火炎を抑制。放水後、内部に進入し、残りの火災を迅速に鎮火しました。この戦術により、火災の拡大を防ぎ、建物の損傷を最小限に抑えました。

実践例2:商業施設火災

大規模なショッピングモールで火災が発生。火炎が広範囲にわたる可能性があったため、まず外部からの放水で火炎を抑制することを決定。ストレートノズルを使用し、各店舗の窓から放水。火炎が弱まった後、複数の消防隊が内部に進入し、残りの火災を鎮火。この戦術により、迅速な火災制御が可能となり、多くの店舗の被害を最小限に抑えることができました。

まとめ

トランジショナルアタックは、外部からの放水と内部進入を組み合わせた効率的な火災戦術です。この戦術を適切に用いることで、消防士の安全性を向上させ、火災の拡大を防ぎ、被害を最小限に抑えることができます。適切な状況評価とチームの連携が重要であり、実践的な訓練を通じてスキルを磨くことが求められます。

関連記事

  1. 区画

    募集します!

  2. 水と空気

    CAFSはなぜ効果が発揮されるのか!?

  3. 注意

    外国の火災現象はネットで知れる

  4. 放水

    消防放水までの仕組み

  5. 面体

    パニックをコントロールする

  6. CAFS

    通常放水、混合液、CAFSの使い分け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 火災
  2. 区画

    2022.06.12

    募集します!

アーカイブ