ホースの圧力損失の簡易計算方法

放水

このページでわかることは、消防用ホースの圧力損失関係計算方法です。

消防用ホースの圧力損失には、2種類あります。

一つは摩擦損失

もう一つは背圧損失です。

そして、摩擦損失の簡易計算式を記しています。

一つずついきます。

摩擦損失

ホース

摩擦損失は、よく聞くと思います。

水がホースの内側と接している面に発生する摩擦が重なり、その分圧力が損失していくものです。

水という液体が流れることによって、摩擦というのは想像しにくいですが、これは、しっかりと摩擦し、圧力が損失するので、理解しておきましょう。

しかし、個体と個体程ではなく、液体(水)と固体(ホース内側)なので、損失は少ないです。

面が大きければ大きいほど損失量が大きくなります。

50mmホースと65mmホースでは、水がホースの内面に接しているところは、65mmホースの方が多いので、損失が大きいことが分かります。

背圧損失

背圧損失というのは、水圧と考えて問題ありません。

例えばホースを1階部分から3階部分へ延長するときに発生する高さがあります。

この高さで発生する重力での水圧

これが背圧となります。摩擦損失とは、全く別物の損失になります。

背圧損失に関しては、40mmホースも50mmホースも65mmホースも一定で数値は変わりません。

高さ10m上がるほど、0.1MPaの損失が発生します。

20mであれば0.2MPa

30mであれば0.3MPa

背圧は逆にホースを下部へ下ろす場合では、10mごとに-0.1MPaとなります。

摩擦損失計算

摩擦損失

あくまでも理論値的計算ですが、

流量Q(㎥/min)=0.2085×ノズル口径(cm)の2乗×√ノズル圧力(MPa)

65mmホース摩擦損失

65mmホース摩擦損失=0.0713×ホース本数(20m)×流量(㎥/min)

流量が分からなければ

65mmホース摩擦損失=0.00310×ホース本数(20m)×ノズル口径の4乗(cm)×筒先圧力

となります。ちなみにクアドラフグノズルの筒先圧力は0.7MPaであり、ノズル口径は表のとおりです。

流量レンジノズル口径
110L8mm
230L12mm
360L15mm
470L17mm

50mmホース摩擦損失

50mmホース摩擦損失=0.0548×ホース本数(20m)×流量(㎥/min)

流量が分からなければ

50mmホース摩擦損失=0.00248×ホース本数(20m)×ノズル口径の4乗(cm)×筒先圧力

例題

65mmの摩擦損失において、クアドラの筒先口径17mm、筒先圧力0.7MPa、使用ホースを10本とした場合

0.00310×10本×1.7cmの4乗×0.7MPa=0.181MPa

従って、0.181MPaの摩擦損失が生じることになります。

まとめ

あくまでも簡易的な算出方法です。実際は、送水基準板から算出することが望ましいですが、あれは、流量が予め判明している場合の算出です。現在の消防ポンプ車は放水量が表示される場合も多いですが、そこから送水基準板を見るのは結構面倒です。

分かりやすい算出方法を分かっていれば、計算しやすいので、現場活動時に生かしてもらえればと思います。

関連記事

  1. ボンベ

    空気ボンベの計算方法

  2. はしご

    三連はしごの角度と強度計算

  3. 連結送水管

    連結送水管の使い方

  4. 消防ポンプ車

    消防ポンプ車の水を吸い上げる、放水する仕組み

  5. 区画火災とは

  6. 面体

    パニックをコントロールする

カテゴリー

最近の記事

  1. 注意
  2. CAFS
  3. ドアコン2
  4. 連結送水管
  5. 消防ポンプ

アーカイブ